IMG_20160327_165455

MOVIE,全国大会

人生がうまくいく方法、知りたくありませんか?~2016年全国大会体験談動画【第2弾】~

2016年5月15日  

全国大会動画の第2弾は、大阪会場から

最年少、中学3年生の小野田 葵さんです!

どうぞ!

 

三重教区

小野田葵さん

 

学校の成績を上げたい。友人関係をよくしたい。自分に自信を持って何事にも積極的に行動できるようになりたい。

きっと誰もがこうしたことを一度は思ったことのあるのでないでしょうか?もし、このような願いや悩みを解決する方法があるとしたら知りたくありませんか?

知りたいと思われた方に、私がぜひお薦めしたいのが、神想観です。神想観とは、自分の中にある、無限の可能性を素晴らしい本性を心で認める、生長の家の瞑想法です。

私が神想観をするようになったのは、今から1年半ほど前、中学1年のときに参加した冬の青少年見真会でした。

その見真会には、以前からよく知っていた、とてもステキなあこがれの高校生が見真会に参加していたのですが、神想観についての講話のときに、講師の方が、その高校生がいつも神想観を実修していることを教えてくれました。私は、「この人のようになれるなら自分も神想観をしよう!」と思い、毎日神想観を実修することを決意しました。

翌朝から、さっそく朝6時に起きて、神想観のテープを聴きながら、生長の家を信仰する母と一緒にやってみましたのでいた。気持ちがすっと落ち着いていったのを覚えています。

それから約1年半が経過しましたが、現在まで、毎朝、神想観と聖経読誦をずっと続けています。

そうすると、私の生活のなかで色々なことが好転していきました。ひとつめは、学校の成績が上がったことです。以前は学年でまん中くらいの順位の成績でしたが、神想観をするようになってから勉強に集中できるようになり、苦手な教科の成績が上がりました。順位が上位の方になりました。

ふたつめは、友達関係です。以前は、仲の良かった特定の友達としか話をすることがなかったのですが、今では、あまり交流のなかった他のクラスの人にも気軽に声を掛けられるようになり、友達が増えました。3つめは部活のことです。

私は中学1年のときから卓球部に所属していますが、入部した当時、女子の部員はわたしと先輩1人だけでした。もっと沢山の部員と楽しく卓球がしたいと思い、神想観のなかで、そのことを祈っていると、翌年新1年生の女子3人が入部してくれて、さらにコーチが来てくれるようになりました。そのおかげで、試合でも良い結果が残せるようになりました。

そして、私のなかで、もっとも大きな変化は、自分に自信が持てるようになり、プラス思考になったことです。

学校でなにか嫌なことがあっても、それをポジティブに捉えられるようになりました。

勉強や友人関係、部活なども、自分に自信を持てたことが大きかったと思います。

このように、神想観を始めたことで、私の学校生活は今、とても充実しています。神想観は、私にとって、なくてはならない大切な宝物です。ぜひ、皆さんも神想観をやってみませんか?きっと皆さんにとっても、なくてはならない大切な宝物になるはずです。

 

(三重教区 小野田 葵)