ELL75_yousyohondana20120620_TP_V

MOVIE,人間関係,全国大会,平和な世界を創るために,幸せな心の持ち方,日々の言葉

私たち一人一人の選択や行動が世界の平和につながる~2016年全国大会のテキストプレゼン動画を公開!【第2弾!】

2016年6月19日  

大阪教区  木村 美紀 さん

今、世界では紛争や資源の奪い合いが、さまざまな場所で起こっています。
環境問題も深刻ですし、沢山の人たちが飢餓に苦しんでいます。
5秒に一人、飢えが原因で亡くなっているそうです。
このように現代にはいろんな問題が山ほどあります。

世界が平和になったらいいのにと思っても、自分にできることは何もない。
そんなふうに考えることはありませんか?  
私はまさにそうでした。

「貧しい国の現地に行かなければ何もできない」とか、
「何か特別な大きいことをしなければ意味がない」。そう思っていました。

でも、この『平和のレシピ』を読んでわかったんです。
私達一人一人が何を望み、どう考え、どのように暮らし、
どう行動するかが世界に大きな影響を与えるんです。
私達の日常生活が世界平和に密接に関係しているのです。

本書の中には、5つの平和のライフスタイルが提案されています。

1つ目は、「日時計主義を生きる」 2つ目は、「肉食を控えよう」
3つ目以降は、手にとってからのお楽しみです(笑)

著者である谷口純子先生はこれらのライフスタイルについて次のように説明されています。
『私達一人一人が自分の生活を自らの意志と手によって作り出していこうというものです。
この5つの提案を実践することが世界の平和に寄与するとともに、未来の世代によい遺産として残せ、
さらに私達一人一人の心を豊かにし、神性、仏性の開顕につながるのです』
平和のライフスタイルの中で、特に私は「日時計主義を生きる」の実践を心掛けています。
毎日の生活の中で、物事の明るい面に注目すること。
夫や子供の素晴らしいところを積極的に褒める。

出掛けた先でも明るいコトバ遣いを心掛けたら、驚くくらい幸せな気持ちになりました。

一見、世界の問題には何も関係がないと思われるかもしれません。
でも、お互いに褒め合う人や、幸せな人が、一人また一人と増えて、
世界中の人に広がったら、
争う人や、奪い合う人なんて、誰もいなくなるでしょう。

平和のライフスタイルは、どれか一つでも、実践したとき、
私たちの生活が、奪う生活から与える生活に変わるでしょう。

私たちにも、世界平和のためにやれることがあります。
最初に幸せの波を起こすのは私たちです。

できるところから一緒に取り組んでいきませんか?

多くの方に読んでいただきたい一冊。『平和のレシピ』です。

(大阪教区 木村美紀)