Lifestyle,平和な世界を創るために

私たちの選択が、未来をつくる

2016年7月10日  

私たちの生活は、日々選択の連続です。
何を食べるか?何を買うか?どういう交通手段で目的地に行くか?
どんな職業に就くか?誰と結婚するか?・・・・・

あなたはどんなことを基準にして、選んでいますか?
人生を左右するような大きな決定から、日常の小さなことまで、
一人一人が積み上げてきた経験や、学習してきた思考をもとに選んでいます。
しかし、もしその選択が、誰かを不幸にしているとしたら?
誰かを苦しめているとしたら、あなたはどうしますか?

私たちの日常は、世界とつながっています。
安価な食材や日用品の多くが海外産であることは、
誰もが知っているでしょう?
生長の家は、「人間は皆、神の子である」「すべては神において一体である」
という教えのもと、自分の大切な人だけを愛するのではなく、
どんな人も、どんな民族も、そして人だけでなく、
すべての生命も愛する選択、行動で、すべてが幸福である世界、
すなわち世界平和が実現する、という運動を展開しています。

たった一人の選択で世界が変わることがない。確かにそうかもしれません。
しかし、そうして大勢の人が、自分の力を過小評価し、
わかっていても、誰も取り組まないとしたら、
不幸だったり、苦しんだりしている人たちはそのままです。
そのような選択を続けることで、あなたは幸せを感じることができますか?
すべての生命が幸福になる選択と行動を、皆が行えば、
必ず世界は変わっていきます。

明日はいよいよ参議院選挙投票日です。
選挙も私たちの日常や社会に密接に関わる選択の一つです。
どの政党、どの候補者を選択するかで、国の方針や政策が変わっていきます。

生長の家は去る6月8日に、今回の参議院選挙について
「与党とその候補者を支持しない」方針を決定し、
さらに22日、“憲法改正を急ぐ「おおさか維新の会」、
および安保関連法案に賛成した政党
(自民党、公明党、日本のこころを大切にする党、日本を元気にする会、新党改革)
とその候補者を支持しない”ことを表明しました。

すべての生命を脅かし、次世代に危険な廃棄物を背負わせる原発に、
生長の家は明確に反対を表明してきました。
福島第一原発の事故で、
いまだにいつ故郷に帰れるかわからない人たちがたくさんいる中、
原発を再稼働させ、海外に技術輸出し、
さらに憲法解釈だけで「集団的自衛権」の行使を可能にし、
立憲主義を軽視するなど、現政権の政策や政治運営は、
世界とすべての生命の幸福を目指して運動を続ける生長の家とは、
まったく相容れません。
谷口雅春先生著『生活と人間の再建』P66に、次のように書かれています。

行わないということも一つの消極的行為である。
何もしないのに不幸が来たというのは、実は何もしないから不幸が来たのである。
生活の創造は心で考えているだけで
何もしないでいることによってはできるものではないのである。

どうか、今回の方針1,2を再度お読みいただき、
あわせて生長の家総裁・谷口雅宣先生のブログも熟読いただいて、
それらを念頭に置きながら、ぜひとも明日、投票に足を運んでください。

なお、選挙での各個人の投票は、本人の自由意思に基づくべきですので、
あくまで各自の意思で決定して下さい。

(生長の家青年会会長 眞藤 雅史)

〇今夏の参議院選挙に対する生長の家の方針
「与党とその候補者を支持しない」
http://www.jp.seicho-no-ie.org/news/sni_news_20160609.html

〇今夏の参議院選挙に対する生長の家の方針(その2)
「不支持政党を追加」
http://www.jp.seicho-no-ie.org/news/sni_news_20160622.html

〇谷口雅宣先生のブログ「唐松模様」
「与党とその候補者を支持しない」
http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue2/2016/06/post-b3a7.html

「信仰者はウソをつかない」
http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue2/2016/06/post-0b1f.html

「心わくわくメール」Vol.326に掲載

--------------------
輝く毎日を送るヒント満載のメールマガジン!
「心わくわくメール」に登録しませんか?
--------------------
心が明るくなる!
毎日の生活が楽しくなる!
自分らしく世界の平和に貢献する方法が分かる!
こんなヒント満載のメールマガジンを毎週火曜日に配信しています。

あなたも登録してみませんか?登録はこちらからどうぞ!