夢実現,平和な世界を創るために,幸せな心の持ち方,悩み解決・Key point Advice,自分に自信を持つ

半径5メートルから始める”のが、成功のコツ

2016年7月24日  

「自分のできることで、多くの人に良い影響を与えられる何か」
を見つけて実践を続けたい。

ここ最近、そんな思いが不思議と強くなってきていました。

きっと読者の皆さんの中にも、
同様の思いをお持ちの方がいらっしゃるでしょう。

では、どうしたら実現できるのか?
方法がわからず悩んでいた私に、
様々なイベントを企画・成功させてきた上司がアドバイスをくれました。

「矢野さん、“半径5メートルから始める”といいですよ。」

一瞬「?」が浮かびそうですが、
これは、「自分のごくごく身近なことから始める」という意味。

聞けば、上司がこれまで成功させてきたイベントや活動は、
自分の手がすぐに届く“半径5メートル”の行動からスタートしていたそうです。

いきなり沢山の人に呼び掛けてイベントでもしようかな
と考えていた自分にとってはまさに目からウロコ。

半信半疑でしたが、さっそく路線変更し、
“半径5メートル”の活動を始めてみました。

私が始めたのは、
「早朝の15分間を、自分も社会も地球も喜ぶことに使う」活動。

具体的には、
自宅周辺の草刈りをしたり、
散歩しながらゴミを拾ったりしています。

使い慣れた軍手をつけ、お気に入りの紺色のキャップを被り、
少し眩しい朝日を浴びながらの草刈り、ゴミ拾いは、
自分にとってもすごく心地良い時間です。
実際の距離的には、“半径約50メートル”になっていますが(笑)

さらに、その様子をFacebookやInstagramなどのSNSに
投稿すると、予想以上の反響があり、いいねやコメントを
くれる人のほか、「自分も実践してみました!」と報告してくださる方、
これまで交流がなかったけれど、社会貢献活動をしていて、
私の投稿に共感してメッセージをくださる方まで出てきました。

まだ始めて10日ほど。
社会に大きな影響を与えたとは、とても言えませんが、
“半径5メートル”から始めた活動が、
人とのつながりや喜びの輪を作ってくれたことは確かです。

私が敬愛するマザー・テレサの有名な言葉があります。

「私たちに大きなことはできません。
小さなことを、大きな愛を持って行うだけです」

どんなに小さなことでも、大きな愛を持って取り組めば
きっと自分も社会も地球全体も喜ぶ、
幸せの潮流をつくり出せます。

あなたの周り、“半径5メートル”には何がありますか?
           (青年会中央部 矢野裕大)

「心わくわくメール」Vol.327に掲載

--------------------
輝く毎日を送るヒント満載のメールマガジン!
「心わくわくメール」に登録しませんか?
--------------------
心が明るくなる!
毎日の生活が楽しくなる!
自分らしく世界の平和に貢献する方法が分かる!
こんなヒント満載のメールマガジンを毎週火曜日に配信しています。

あなたも登録してみませんか?登録はこちらからどうぞ!